診療内容

service_img_1
耳、鼻、のどはお互いに重要な関係にあります

当クリニックでは、耳、鼻、咽喉頭・頸部の診療を行っております。
お子様からご高齢の方まで診察しておりますので、耳、はな、のどの事で気になる事がございましたら、何でもご相談ください。
地域の皆様のかかりつけ医として質の高い医療をご提供していきます。

耳、鼻、のどは、つながっており、お互いに重要な関係にあることから、一緒に診断・治療を行っていきます。
耳の症状でも、鼻やのどに原因がある場合もございますので、耳、鼻、のどの各方面から診断し、原因をつきとめて、適切な治療を行っていきます。
また、快適な睡眠を妨げる睡眠時無呼吸症候群の診断・治療を行っておりますので、お気軽にご相談ください。

補聴器につきまして、使用をお考えの方、お持ちの補聴器が合わない方など、当クリニックでは、補聴器の相談・アドバイスも行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

診療可能な疾患

みみの病気
・めまい  ・耳鳴り  ・難聴  ・耳の痛み、かゆみ
・耳だれ  ・耳垢   ・補聴器の相談 など

主に耳は聴覚や平衡感覚をつかさどる器官です。
当クリニックでは、耳鳴り、難聴、耳だれなどの疾患をはじめとする耳の病気を診療しております。
また、補聴器の相談も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。


はなの病気
・くしゃみ  ・はなみず  ・鼻づまり  ・花粉症  
・アレルギー性鼻炎  ・鼻血  ・においの異常 など

鼻は、呼吸をしたり、嗅覚をつかさどる役割を果たしている他、ほこりや細菌の侵入を防ぐ大切な働きをする器官です。鼻の主な病気はくしゃみ・鼻水・鼻づまりの症状の鼻炎ですが、鼻炎には大きく分けてウイルスによって起こる急性鼻炎と、アレルギーから起こる慢性鼻炎があります。花粉症やアレルギー性鼻炎の慢性鼻炎は、早めの受診をおすすめします。つらくなる前に一度当院へご来院ください。


のどの病気
・のどや扁桃腺の腫れ、痛み、かゆみ  ・飲みこみの異常  ・声がれ  
・味覚がおかしい  ・口内炎  ・いびき、睡眠時無呼吸  など

のどは、食べ物を食道や胃に送る働きや空気を肺に送る他、言葉を発生する役割を持っております。
のどの主な病気の症状は、のどの扁桃腺の腫れや痛み、飲み込みの異常が上げられます。
のどの痛み、のどに何かがひっかかっている感じがする、痰に血が混じるなど、のどに関する気になることがございましたら、何でもご相談ください。また、睡眠時無呼吸症候群の診療も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。


かお・くびの病気
・顔の麻痺、しびれ  ・首のしこり、腫れ
・顎下腺や耳下腺の異常 など

かお・くびの主な病気は、顔の麻痺やしびれ、首のしこりなどが上げられます。
その中でも特発性顔面神経麻痺は、原因なく突然顔が麻痺する病気です。早期に治療をすることが重要となる疾患ですので、異常を感じたらすぐに受診をされることおすすめします。

鈍音聴力検査 聴力検査の中で、最も基本的で重要な検査です。どのくらい小さな音が聞こえるかを検査します。語音聴力検査
語音聴力検査 検査する語音(「あ」や「い」など)が、どの程度の音量だと何%正しく聞こえるかを検査します。
ティンバノメトリ 鼓膜の動きを測定する検査です。
耳処置用顕微鏡 直接目では見えにくい鼓膜の状態などを調べます。
鼻用硬性内視鏡 鼻の中の状態を細かく確認することができます。鼻の手術にも用いられます。
喉頭ファイバー 細くて軟らかいファイバースコープで、鼻やのどの奥まで観察ができます。
フレンツェル眼鏡 眼球の動きを測定する検査機で、めまいなどの診断が可能です。
アプノモニター 睡眠時の呼吸の状態を調べる検査器です。睡眠時無呼吸症候群の検査に用いられます。
アレルギー検査 採血を行い、アレルゲンに反応する抗体が体内にあるかどうかを調べる検査です。アレルギー性鼻炎の検査に用いられます。
迅速検査 鼻の中に綿棒を差し入れて検査をする方法で、迅速にインフルエンザ、溶連菌等の診断をすることができます。